節約魂編集部が見つけた節約術やお得な情報を配信中

節約魂

節約体験談

外食好きの私が自宅で食事をするようになった理由と節約術を紹介

投稿日:

独身時代は、美食家だった私は結婚するまで、ほぼ毎日外食!という生活を送っていました。

美味しいモノを食べたい・・・でも、自分を作るのが面倒くさいので自然と外食三昧になっていました。

その頃は、実家暮らしだったというのも外食に拍車をかけた一因かもしれませんね。。家賃分を親に渡したら、それ以外は、自分の自由に使えるお金とばかりに浸かってしましたから。。今となっては反省すべき点だと思います。

 

現在は、子どもにも恵まれて小学生の女の子が2人いる4人家族になりました。

子どものために、親として出来るだけのことをしてあげたいというのと、将来のために貯蓄を増やしておきたいと思い、今は毎日節約、特に食費の節約にいそしんでいます^^

食費の節約をする上で一番守っていることが、独身時代の私の生活を反面教師にして、外食は敵、外食は絶対にしないというのがマイ・ルールです。

 

独身時代や結婚してすぐの頃は、子どもがいなくて静かに過ごせたので外食が多かったんですが、子どもが生まれるとファミレスなど連れて行くと、自由気ままに動き回ったり、泣き叫んだりと・・・子守をするのに疲れて外食にいかなくなったというのも、外食をしなくなった原因の1つです。

ファミレスで食べると食べた気がしないので、自然と家で食べるようなライフスタイルに変化していきました。

現在は、食費を抑えて、4人で30,000円の範囲内で1ヶ月間やりくりしています。

 

そして、食費を節約するもう1つのポイントを上げるとすると、「買い物に極力いかない」ことです。

新聞に入っているスーパーのチラシを見比べて、毎日のようにオトクな商品を求めてスーパーをはしごして、目についたオトクな食材があるとチラシに掲載されていたもの以外もカゴにいれて、予定外の品物も一緒に買う。

毎日こんな買い物の仕方をしていると、安く買い物ができたという自己満足はありますが、1ヶ月間の食費を合計してみると思ったより成果に繋がっていないということが多々あります。

結果に繋がらない原因は、安いからという理由で不要なものまで買ってしまっているからです。

 

私も昔こういったお買い得品を車で、色々なスーパーをはしごして買い物するという生活をしていました。

でも、今は手帳に、買い物をしたら日付と使った金額だけをメモして、買い物に行っていない日には赤丸をつけるようにしています。

そして、なるべく赤丸の日を増やすように努力をするようにしています。

 

この生活をするようになってから、1週間分を1回の買い物でまとめ買いをするようになりました。まとめ買いをした後の保存方法も試行錯誤して自己流の方法を見つけることが出来ました。

ポイント

お肉はひき肉・豚肉の細切れ肉を大量に購入して100gずつに小分けして冷凍。
野菜も一週間に1度、八百屋で買い物をする

この2つを徹底するようにしています。こうすることで、必要最低限なものしか買わず、ムダなものを購入して出費を増やすことを防ぐことができます。

 

ただ、これは我が家が共働きで、どうしてもまとめ買いせざるを得ない事情があることもあります。

共働きで帰る時間が遅い私にとって、この方法は非常に楽というだけです。

 

あなたのライフスタイルが私と異なっている場合は、ご家庭によって楽な方法は違うと可能性があります。

たまには外食で楽をしたい、スーパーでお買い得品を探すのが好き、という場合もあるかもしれません。

無理な節約は続かないので、自分が楽に続けられる、苦しくない方法で削れる所を削っていけばいいと思いますので、参考にしていただき自己流を是非見つけ出してみてください。

-節約体験談

Copyright© 節約魂 , 2018 All Rights Reserved.