節約魂編集部が見つけた節約術やお得な情報を配信中

節約魂

節約体験談

ガス代節約は乗り換えなくてもできる!5000円近く節約した方法を紹介

投稿日:

夫婦共働きをしていますが、このご時世なかなか給料が上がることがなく、入社した時のプランでいくと・・・「○○万円のはずが・・・」と思うことも度々あります。

でも、一方で子どもはすくすく育って、ドンドンお金が飛ぶように出ていくようになります。育ってくれるのは、親として非常に嬉しいんですけどね。。

そんな出費が増える将来を想定して、少しでも備えを作っておきたいお金を貯めておきたいと思い、我が家も節約に踏み切ることにしました。

 

最初に取り組み始めたのは、”ガスの節約”です。

ガス代は何も考えずに使っていると地味に、家計を圧迫していきます。

 

まず最初に見直したのがガス代が一番かかる「お風呂」です。

それまでは、私と子どもがの〜んびりお風呂に入って、主人は好きな時間に沸かし直して、湯船に入ったり長々とシャワーを浴びたりしていました。

長い時は、私より30分以上も入っているので・・・たまに「女子か!!」って思う時もあるのは秘密です^^

 

家族がのんびり入ったりバラバラに入ると、どうしてもお風呂を追い焚きする頻度が増えてしまいます。

以前どこかで追い焚きがガス代を一番くうと聞いたことがあったので、思い切って”家族みんなで一度に一緒に入る”スタイルに変更しました。

食後にお風呂をいれて沸かす、そして夫婦で順番に子どもを洗ったり、湯船に入れたりする・・・こんな流れで今はやっています。

 

湯船に入る人数が増えると、はるお湯の量も以前より少なくていいし、家族の会話も増えると良いことばかりです。

ガス代節約が、水道代節約、そして家族円満って、まさに一石三鳥ですね!

 

お風呂での節約方法が決まった後も、気を抜かず料理をする時のガス代の節約も徹底してみました。

1つの節約方法が成功してしまうとついつい気を抜いてしまいがちで、逆に散財してマイナスになることもあります。節約は長期戦なので、気を抜かず遊び感覚でやるのが良いのかな?!と個人的には思っています。

 

実際に行なった料理の際の節約方法は・・・

ポイント

・お湯を沸かす前に、鍋にあらかじめお湯をはって水温をあげる
・お湯を火に掛ける前に鍋底の水分をフキンでとっておく
・お湯を沸かす時の火力は、鍋からはみ出さない程度に抑える

非常にやっていることは地味ですが、ささやかながらもガス代の節約に繋がっています。

鍋料理では、コレ以外にも気密性の高い鍋をして、余熱で調理をしたり、食材を茹でる時もお湯を変えずに茹でるという努力をしてみました。

 

その結果・・・なんと月々のガス代が4,000円節約することに成功しました。

年間にすると5万円という高額になります。地味な努力なので乗り気になれない・・・と仰るかもしれませんが、ちょっとした手間でコレだけ節約できるので、良かったら挑戦してみてください。

 

追伸:次はガス代をもっと節約するため、「ガスの自由化」に伴って作られたガス会社への移行なども検討しようかな?と思っています。

-節約体験談

Copyright© 節約魂 , 2018 All Rights Reserved.