節約魂編集部が見つけた節約術やお得な情報を配信中

節約魂

節約体験談

子育て費用のための節約!私がMVNO(SIMフリー)だけにしなかった理由

投稿日:

夫婦2人だけの生活の時は、家計の収入はあまり気にしたことがなかったのですが、子どもが生まれたのをきっかけに家計簿をつけるようになったら私を目を引いたのが「スマホを含めたの通信費」でした。

 

スマホだけでも、月々1人当たり大体7,000〜8,000円ほどかかっていました。

夫婦2人合わせると20,000円近く・・・結構高いですよね。

子育てをしていくとなると、やはり何かと物入りでスグに数万円とか飛んでいくので余剰金がないと怖いです。でもだからといって、生活水準レベルは下げたくないという想いもあり、まずは携帯代から・・・と節約に取り組み始めました。

 

最初に手を付けたのは、キャリア携帯であるドコモ会社のスマートフォンです。

SIMフリーへ変更することも考えましたが、SIMフリーだと災害時などの緊急速報が受け取れないとウワサで聞いていたので色々検討した結果、SIMフリーへの移行するのは辞めました。

 

最終的には、

・電話・メール専用のガラケー
・データ通信専用のスマホ

の2台持ちにすることにしました。

 

ドコモの契約をスマホプランから「シンプルプラン・メールし放題」に変更した上で、押し入れに眠っていたガラケーを引っ張り出してドコモのSIMを刺しました。

そしてデータ通信に使うスマホは、MVNO(SIMフリー)の「SMSありのデータ通信プラン(3GB)」で契約しました。

 

 

私の場合、これで月の通信費が4,300円(2GB)→2,300円(3GB)へ下げることが出来たので、約2,000円の節約をすることが出来ました。

もちろん私のように2台もちにしなくても、1台だけで通話プラン契約にすれば、あと1,000円ほど安くすることができます。

2台持つ必要が無い方には、通話プランだけの契約がオススメです。

 

最近では、MVNOでも販売されているスマホも緊急速報を受け取れる端末が出てきているので、緊急速報を受け取れるスマホに買い換えることになったら、私も元のように1台持ちに変更しようと考えています。

当サイトでおすすめMVNOはマイネオ

 

私が行った携帯代節約の方法以外にも、スマホ代をおさえる方法として「光回線とコラボ」しているキャリアを利用する方法もありますが、フレッツ光を利用している場合は、この「光回線とコラボ」スマホを利用するのはオススメできません。

なぜなら、フレッツ光の「光もっともっと割」の最大割引金額より割引額が大きい光コラボサービスはありえないからです。

 

これは私が試しに何社かの営業さんと、実際にお話をさせて頂いた上で、金額シュミレーションをしてもらって比較検討した結果、出した結論です。

強いて言えば、「家族が多いご家庭なら」3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の光コラボでは、「光もっともっと割」より少しオトクになるのですが、MVNO+光もっともっと割を利用している場合と比較すると見劣りがします。

ポイント

3大キャリアで「光コラボ」でスマホ契約するなら、大家族の場合のみ。

それ以外は節約するなら、MVNOスマホ+光もっともっと割がオトク。

 

-節約体験談

Copyright© 節約魂 , 2018 All Rights Reserved.