節約魂編集部が見つけた節約術やお得な情報を配信中

節約魂

節約体験談

電気代の節約をしようとしたら思わぬ出費が出ちゃいました【節約失敗談】

投稿日:

電気代って私が住んでいる地域の”寒冷地”では、他の地域に比べて年間を通して割高になってしまいます。

そこで、どうにかして電気代を節約できないかな?!と思って自分なりに取り組んでみたことがあります。

その結果は見事失敗!寒冷地ならではの理由ではありますが、これだけは注意が必要!ということを今回はお伝えしてみたいと思います。

 

私の住む地域では、北国なので冬はマイナス10度から20度程度の寒さになります。夏は地域性で日本の中では、割りと涼しい部類に入るのですが、それでもやはりエアコンの冷房を入れないと耐えれないくらい暑くなる時があります。

そのため、この地域では、真夏と冬はどうしてもエアコン、電気ストーブの使用による電気代の高騰をしてしまいがちです。

 

冬の時期は、今まで最高の電気代の請求は40,000円でした。

寒さに耐えきれずこたつにエアコン、それに温風ファンヒーターと家族がいる部屋それぞれで使っていたのが原因ですが、それにしてもこの金額は家計にかなり打撃を与えました。

次の月は、食費を削ったり、他の部分を削って補填したりと、なんとかやりくりして元の生活水準に戻すことが出来ました^^;

 

この経験から我が家では、家族全員で節電に取り組みました。

まず行なったことは、電気代が掛かりやすいのに思いの外、部屋を暖めるのに時間がかかる電気ストーブと温風ファンヒーターを止めました。

そして、昔ながらの石油ストーブに変更しました。小さなストーブでも石油ストーブは、部屋を暖めるのも早く、ヤカンや鍋をのせて調理をすることも出来るので、変更した効果は絶大でした。

 

節電対策として、それ以外にも一般的に行われる、こまめに電気を消す、厚着をして部屋をそこまで暖めなくても良くしたり、こたつの温度を今までより低めに設定するなどを実践してみました。

電気代は、おかげでミルミル削減することができ、節約に成功することができました。

 

電気代の節約を冬場に成功することができたので、夏はより一層節約しようと、電化製品の待機電力を減らすことにしました。

普段使わないもののコンセントを次々と抜いていったのですが、これが実は失敗の原因になりました。

この時に、水道管の凍結防止ヒーターのコンセントまで抜いてしまったのです。

 

確かに夏場には不要な電力なので抜くのは間違いではないのですが、秋が終わりかけた頃に、コンセントを入れれば大丈夫と思っていたのですが、コンセントの場所が家の外ということもあり、すっかり忘れてしました。

 

そのままの状態で冬を迎えて、いきなり冷え込みが厳しくなったある日、水道管からドカン!と音がして水が吹き出してきました。

そう、凍結防止ヒーターを入れていなかったため、水道管の中が凍結・膨張して破裂してしまったのです。

周りは水浸しになるし、家族そろって大騒ぎのてんやわんやの状態になってしまいました。

 

真冬の寒い朝だったのですが、家族は仕事や学校があるからと家を出ていった中、私一人、手がしばれながら水浸しの掃除を行い。

水道管の修理を頼んで、なんとか平穏を取り戻せましたが、水道管の修理費という思わぬ出費と水道代アップという2段階の打撃を受けました。

 

自分の記憶力を過信してはいけないと痛感しました。人間は忘れやすいので、それからは真夏でも凍結防止ヒーターだけは決して切らないようにしました。

-節約体験談

Copyright© 節約魂 , 2018 All Rights Reserved.