節約魂編集部が見つけた節約術やお得な情報を配信中

節約魂

節約体験談

固定費を見直しで1万円以上節約!選択したサービスがコレ

投稿日:

節約するとなったら、”毎日使う食費”から節約という方が多いのではないでしょうか?

確かに食費はちりも積もれば結構大きな額になってくるので、バカには出来ないのですが、私はそれより目に見えて分かる割りと高額なお金の掛る、スマホなどの通信費の節約をするところから始めました。

 

ちなみに節約前の我が家の通信費の月額は・・・

・私のスマホ1台×8,500円
・妻のスマホ1台×9,000円
・インターネット利用料が5,000円

合計して22,500円かかっていました。

 

あまり見直しもせずに使っていたのですが結構な金額ですよねー。

でも家を、住宅を購入すると一大決心をしたことに伴い、住宅ローンの返済を少しでも前倒しするために、通信費の節約を検討してみる気になりました。

 

通信費の節約をするにあたり、私がまず実施したのが、”スマホ利用プランの見直し”です。

 

妻の分と合わせて、夫婦それぞれの通話料とデータ通信量の実績を年間で並べてみました。

そこから最適なプランを選定するのは勿論なのですが、公共の場へ通話するときは、私の携帯に統一するなどの節約も検討しました。

そうすることで、分散していた通信時間を片方のスマホに寄せて、片方の通信時間を減らして、最も合理的なプランを選ぶようにしました。

ポイント

単にそれぞれのスマホの料金プランを最適なプランにするよりも、結構オトクな金額にすることが出来たので、家族がいる場合は、通話はこのスマホに限定!とか、通信のメインはこちらのスマホなどにしてみるのは、結構有効な手段ですよ。

 

次に実施したのが、携帯会社の見直しです。

夫婦そろって、それまでは大手三社の携帯を利用していたのですが、ベースの金額が高くどんなに節約しても頭打ちになっていました。

そこで、いわゆる格安スマホへ乗り換えてを検討することにしてみました。

 

格安スマホへの乗り換えで一番気になっていたのは、性能(画面のレスポンス)です。

安いから繋がりにくくなったり、利用しづらくなったら節約できてもストレスが溜まって元も子もありませんからね。

でも、使った感想は格安スマホも、結局は大手の回線に相乗りしていることもあり、違和感なく使えています。

利便性はそこまで違和感を感じない一方で、携帯料金のほうは格段に安くなりました。

特に、インターネットを持ち運び可能なポケットWiFiにしたのは大きく。外でスマホを使う時もポケットWifiを利用して通信するようにしていたので、スマホ本体にかかるデータ通信量を限りなくゼロになりました。

最安プランでもデータ上限を超えることは、今のところ起きていません。

 

今回の節約を行った結果、我が家の通信費は最終的に、

・私のスマホ1台×2,000円
・妻のスマホ1台×2,000円
・インターネット利用料が3,500円(実際の金額は3,411円ですが分かりやすいように切り上げ)

合計7,500円にすることが出来ました。

 

節約の前と後では、

22,500 ー 7,500 = 15,000

出費を減らすことが出来ました。

 

食費でこんなに大きな額を節約するには、かなりの努力が必要ですが、普段使っている固定費を見直すことで、こんなに節約することが出来るので迷っている場合は、ぜひ一度、ネットで試算したり、相談窓口があれば相談に行ってみるのがいいかもしれませんね。

ちなみに我が家で使っているポケットWifiはこちらのモノを使っていますよ。

業界最安値2,726円のポケットWifiはこちら

-節約体験談

Copyright© 節約魂 , 2018 All Rights Reserved.