節約魂編集部が見つけた節約術やお得な情報を配信中

節約魂

節約体験談

住宅ローン繰り上げ返済のための当たり前にスパイスを加えた節約術!

投稿日:

 

我が家・・・一国一城の主。

うちの夫が昔からマイホームを持つことに強い憧れをもって、最近念願の家を手に入れました。

家があるのは私も嬉しいのですが、やはり”35年フラットローン”は何かあった時が怖い・・・という心配が先立ってしまっています。

 

そこで今まで挑戦しては失敗を繰り返してきた節約を”家のローン繰り上げ返済”のために、またやり始めました。

あなたも節約のために色々工夫されているかもしれませんが、私が節約として工夫し始めたことは「袋詰め節約法」です。

 

「なぁ〜んだ、そんな方法か」と思うかもしれませんが、

主婦歴数十年・・・その間に失敗しつつ様々な節約方法を調べては試して、一番どれが自分にあうのか試行錯誤してきました。

雑誌「日経ウーマン」や「ESSE(エッセ)」などによく出ている節約の方法を試してみたり、人からこれは便利よ!節約できるわよと言われれば言われる節約術を、試せるものは結構ほとんどというくらい試してみました。

その結果、自分にあっていると思えた方法がコレ、「袋詰め節約法」でした!

 

あなたは自分や旦那の給料日に、口座にお金が振り込まれたらどうしていますか?

お金が必要になる度に銀行ATMやコンビニでお金を引き出していませんか?

私も若い頃は、よく銀行からちょくちょくお金をATMで引き出していました。しかも結構、時間外が多かったので手数料を引き出すたびに支払っていました。

口座から引き出す時の手数料って、積もり積もるとバカになりませんから気をつけないといけませんよね。

 

でも、今は月々だいたいコレくらい!って使う金額が決まっているので、1ヶ月に必要なお金を1回でまとめておろすようにしています。

おかげで若い頃のように引き出し手数料を払うこともなくなりました。

 

っと、ココまでは多くの人がやっていることだと思いますが、私は引き出した後、お金をすべて千円札に両替して、目的別の袋に小分けして使用しています。

ポイント

お金をすべて千円札に両替して、目的別の袋に小分けして使用

 

なんで千円札に変えるという手間をかけているのかというと、たとえば日用品の袋の1ヶ月の予算が1万円だとすると、ついつい一万円札で入れてしまいがちです。

でも、ココが大きな盲点なんです!

 

だって、用途別の袋に一万円札を入れてしまうと、使う時一万円札を一枚とって財布に入れちゃいます。

そんな大金を持っていると、たくさんお金があるような勘違いをして、必要なもの以外も購入してしまって小分けした意味がないくらいマイナスになったりします。

もちろん人によっては自制できて、必要なお金だけ使って、袋に戻すってこともできるかもしれません。あなたはそうかもしれませんね。

でも私は、そんな強い意志力は残念ながらもっていないんです。

 

だから自分の性格を把握しているので、必要な分だけを必要な時に袋からとれるように、封筒に入れるお金をすべて千円札にいれるようにしました。

そうすることで、必要な分だけ使おうと思えるのでムダ使いが圧倒的に減りました。

もし昔の私のように袋分けしているんだけど、無駄使いしちゃってたって言う場合には、だまされたと思って試してみてください。

-節約体験談

Copyright© 節約魂 , 2018 All Rights Reserved.