節約魂編集部が見つけた節約術やお得な情報を配信中

節約魂

節約体験談

節約のためのマイルール!シンプルなルールが一番な理由をご紹介

投稿日:

水道代って、毎日使っていると結構かかってしまいますよね。

でも、我が家は小さな子どもがいるので、ほとんど毎日ようにお風呂にお湯をはります。この積み重ねで、特に冬場は、水道代、そしてガス代が大幅に増えてしまう傾向にあります。

そこで、私は日頃から「節水」に取り組むようにしています。

 

私が意識して行っている「節水」は、”基本、一度浴槽に貯めたお湯は全部使い切る”というシンプルなルールです。

他にも色々ルールをかして、挑戦してみましたがシンプルでないとルールを決めたことも忘れてしまうし、複数あると混乱して使えなかったりするので、最終的にこの1つのルールのみにしています。

何事も”シンプル・イズ・ベスト”ですね。

 

ルールに則ってやることは、

 

まずはお風呂のお湯張りをする際は、湯船の半分くらいまでしか入れないようにしています。

我が家は自動給水のシステムなので、給油機まかせにしていると、湯船の7割くらいのところまで自動的にお湯を張ってくれます。

でも、それでは量が多いので・・・お湯を入れ始めてある程度、時間が来たら浴室にいってお湯張りから、保温モードに切り替えるようにしています。

 

入浴時、お湯には必ず10分以上浸かるようにしているので、半分もあれば半身浴をするには十分な量です。

お風呂には必ず私が一番最後に入ることにしていて、シャワーの水は一切使わず、すべて浴槽のお湯で済ませるように意識しています。

これだけで、かなりの湯船のお湯を消費することになります。

 

残り湯は、翌日洗濯で使うのは当然ですが、それでも残ってしまった場合は、バケツに汲んでベランダに置いておきます。

お湯の温度が、十分冷えたら植木にあげたり、ベランダの床に流して掃除します。

それ以外にも洗面器に貯めて、お風呂掃除にも使います。

 

それでも浴槽に残っている時は、バスマットなどに吸わせて翌日洗濯するようにするとほとんど無駄がありません。

浴槽のお湯は、ガス代を考えて追い炊きにしていないので、次の日までにきっちり使い終えるのは、結構苦労するのですが、それでもなんだかんだ節水ライフを楽しんでいます。

-節約体験談

Copyright© 節約魂 , 2018 All Rights Reserved.