節約魂編集部が見つけた節約術やお得な情報を配信中

節約魂

節約体験談

私の節約術の失敗例と成功例を紹介!最終的にいきついた節約法がコレ

投稿日:

私はこれまでの人生で、何度か食費の節約に挑戦してみたことがあります。

そのうちに、何度かは成功して、何度かは失敗しました。

今回は、そんな私の成功談・失敗談を含めて、最終的に行き着いた”食費の節約”をするためのマイ・ルールを紹介したいと思います。

 

私が人生で最初に節約に挑戦したのは、大学時代です。

あなたも経験したことがあるかもしれませんが、大学時代ってとにかくお金がありません。親から仕送りしてもらって、バイトもしていたのですが、若い頃って遊びたいという欲求も他の時期より旺盛なこともあって、遊びにファッション・・・これに生活費とお金を使っていたら、あっという間になくなってしまいます。

 

遊び優先の私は、なるべく食費のムダを減らそうと、一時期、なるだけお金を使わないでお腹を満たすことを意識して、学食ばかり使用していた時期があります。

学食は、他の外食のお店で購入するよりは味は落ちますが、値段は破格なので学生なら一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

私は学食の中でも、280円のスパゲティをヘビーローテションで、ほぼ毎日食べていました。

 

スパゲティのミートソースを頼み、カロリーを上げるため、その上に無料で使える粉チーズをこれでもか!というほど大量にかけていました。

もう見た目は、山盛りのチーズ状態のスパゲティです(笑)

 

大量のチーズとミートソースをからめると非常にマイルドな味わいになり、腹持ちが非常に良かったので、お腹を満たす・・・それだけのために多用していました。若いから出来たことですね。

 

チーズ大量スパゲティメニューの悪い点は、なんといっても高カロリーなので太りやすい。そして周囲の人からは、変なものを見るような目で見られることですね。

それ以外にも、塩分が多いので喉が乾いてしまい、常に甘い飲み物が欲しくなるという点です。

飲み物が欲しくなると、ついついコンビニや学内の自販機で、ジュースを購入していたのでトータルで見た時に、節約になっていたのか、とても疑問ではありますね。。

 

その後、社会人になった際は、ある程度の収入を得ることが出来るようになったので、こんな無茶な節約術を行うことはなくなりました。

しかし、40歳手前になった時に、ダイエットという効果をえつつ、なんとか節約も出来ないかと考え始めました。

40歳近くなると、将来の蓄えをしなくては・・・という不安も出てきますからね^^;

 

この時行なったのは節約というより、ダイエットメインだったので、昼はおソバなど栄養価を考えつつ低カロリーのモノを食べて、夜もサンマやおソバを食べるという食生活ばかりにしてみました。

最初の頃は、「腹八分」という意識を自分に言い聞かせていたこともあり、順調に上手く体重も減り、お金も貯めることが出来ました。

でも、1週間もするとカロリー不足からか、カラダを使いたまを使う仕事をしている私は栄養失調気味になってしまいました。

 

カラダが思うように動かない、頭も鈍い状態になって、「これでは仕事に支障がでる」と思ったので、最近行って成功した私の食費節約術は

・ファミマのベーカリー4個入りのグリームパン、あんぱん

これを朝昼兼用で食べる方法です。

クリーム、あんぱんと2つ買って200円です。

合計8個あり、これを時間差をおいて一つずつ食べるのです。

1時間に一つという具合で食べると最後の一つは17時ごろになり、あとは夕飯だけなので節約には適しています。

ただ毎日だと飽きてしまうので、週に2回くらいをこの方法で実践しています。

 

何事もムリをしない程度に、楽しみながらやるのが大事です。節約も同じなので、あなたも色々試行錯誤して、あなたなりの節約術を見つけて見ることをオススメします。

-節約体験談

Copyright© 節約魂 , 2018 All Rights Reserved.