節約魂編集部が見つけた節約術やお得な情報を配信中

節約魂

節約体験談

チラシから献立を決める節約法!2つの○○がなかったから失敗

投稿日:

我が家はまだ子どもが小さいので、全然実感がないのですが今後、小学校、中学校・・・高校、大学と成長していくうちにドンドン教育費が必要になってくると思います。

たまに産婦人科の検診で一緒になるママさんなんか、生後数ヶ月のお子さんなのに英才教育のために、教材費用をすでに100万近くも投資されていました。

うちは、そこまでする必要はないとは思っていますが、やはり塾や習い事って、友達が行っているのに自分がいけないというのは、友人関係を子どもが作っていく上でもネックになると思い、子どもが小さい今から節約をしようと思い、実践していました。

 

私が実践していたのは、”食費の節約”です。

取り組んでいた節約術は、

レシピから購入する食材を決めるのではなくて、チラシで安い野菜を購入して献立を考える

というモノです。

 

でも結果は、節約失敗に終わってしまいました。

確かに食材自体は、定価のモノより安く購入することができます。

安売りしているものが日によって異なるので、私は節約に頑張って時は、ほぼ毎日のようにスーパーに行っていました。

 

ちゃんと考えつつ買い物をしていたら、この方法でも有効だったのかもしれませんが、スーパーに行くとついつい安いものに目が行ってしまい、そこまで必要でもなく欲しくもないものも、ただ安いからという理由だけで買い物カゴに入れていっていました。

野菜も安いからとたくさん買ったからと、料理をたくさん作って余らせてしまい、最終的にはオカズを腐らせてしまう失態をおかしていました。

 

 

せっかく安いものを買ったとしても、不要なモノを買ってトータルで高くなったり、買ったものを腐らせると・・・実際に節約出来ているかというと逆に食費を上げる結果になっていました。そのことにやっている途中で気づきました。

気づいた後からは、チラシを見て献立を考えるという方法自体は変わらないんですけど、

ポイント

・可能な限り1週間分の献立をある程度決める。
・買い物リストを作成する

この2つを決定した状態で買い物に行くようにしました。

 

キャベツを一玉買ったなら、今日は中華丼、今日はキャベツの蒸し物、生姜焼きにして千切りキャベツを使おうなど、一つの野菜からいろんな料理ができるように考え、野菜を無駄にすることのないような意識しています。

また、この日はコレが安いというのがあって、どうしてもほしい場合はその商品だけを買いに行くようにしています。他の商品には目もくれず、欲しいものだけを買いに行くことで無駄な買い物をなくすようにしています。

 

まだまだ始まったばかりの節約生活、微調整を加えながらオリジナルの我が家にあった方法を見つけていきたいと思います。

-節約体験談

Copyright© 節約魂 , 2018 All Rights Reserved.