節約魂編集部が見つけた節約術やお得な情報を配信中

節約魂

節約体験談

買うなら良いモノ!というこだわりのある私の節約失敗談

投稿日:

結婚して夫婦になると・・・大体、奥さんか旦那さんどちらかが家計の財布を担当するようになるのではないでしょうか?

夫婦間のお金に対する価値観が一緒だと、ストレスもなく節約する時もラクなんだろうなぁ・・・と思いますが、残念ながら我が家は、お金の価値観が正反対でいつも喧嘩になってしまいます。

しかも、家計の財布を握っている私はどちらかというと”贅沢主義”。その影響もあり、節約しようと思ってもいつも大体節約を失敗してしまいます。。

 

私の「お金に対する価値観」は、食べ物、飲むものなどカラダに入れるモノは健康的な面で見てもちゃんとしたモノを入れたい、そしてせっかく買うなら美味しいものを手に入れたいと思っています。

健康的に良く、美味しいモノとなると自ずと値段は張ってきます。

だから購入する際も、紅茶を買うならA社のアールグレイ1620円のものではないと嫌!、白だしも通販で売っている1本2000円ほどする商品でないと納得しないという”こだわり”があります。

 

その一方で、夫はケチケチしている方なので、、、買い物をお願いすると、私がお願いしたモノより必ず安いグレードの商品を買ってきます。

そのせいで毎回、ケンカ・・・こんなことなら私一人で行ったほうがいいかな?!とも思ってしまいます。

でも、私がこだわりのない牛乳とかなら、1本からでも買い物を気軽に行ってくれるんですよね。。その点は非常に有り難いさを感じています^^

 

そんな状態の2人が一緒に買物に行くと・・・夫は私の購入するものに口を出すとケンカになることを分かっているからか何もいいません。

 

それを良いことに私は、スーパーで主婦の目線で見て良いものと思われて、しかも割引になっていたりすると、あれもこれも格安だと感じると次々に私が買い物カゴにいれていくので、あっという間に買い物カゴがいっぱいになってしまいます。

いっぱいになった買い物カゴを精算すると結局、毎回4千円から6千円ぐらいの買い物になってしまいます。

コレでは、なかなか食費の節約は難しいと感じています。

 

珍しくて美味しいものにも目がないので例えばポルトガル産のポンデケージョの冷凍品があれば700円でも買ってしまいますし、パンはホテルパンの方が美味しくて好き、ジャムもいいメーカーでないと納得できません。

現在は安いメーカーのもので美味しい食材を見つけつつありますが、今まで通りこれからも高額出費を続けると貯金とか出来ないので将来が危なくなってしまいそうです。

-節約体験談

Copyright© 節約魂 , 2018 All Rights Reserved.