節約魂編集部が見つけた節約術やお得な情報を配信中

節約魂

節約体験談

○○の大活用で水道代を節約!貯蓄したお金の活用方法も大公開

投稿日:

人間の生活に不可欠な”水”。

不可欠だからといって、むやみやたらに使っていたら、あっという間に数千円、多い時には1万円を超える水道代の請求が来たりします。

家族で一緒に住んでいるからの悩みかもしれませんが・・・少しでも出ていくお金を減らそうと思い、”水道水の節約”に取り組むことにしました。

注意ポイント

この記事の節約方法は、節約魂編集部に寄せられた内容を元に作成しております。推薦している方法ではありませんので、行う場合は自己責任でお願いいたします。

 

我が家で取り組んだ「水道代の節約方法」は、お風呂に張った”残り湯”を活用する方法です。

洗濯機に残り湯を使う方法は、どのご家庭でもされているかもしれませんが、うちは全自動洗濯機に買い換えてから洗濯機での残り湯活用ができなくなりました。

でも水道代は結構かかるので、うちでは”残り湯”を最大限に活用するために・・・掃除はもちろん、洗顔、食器洗いの際に、お風呂の残り湯を使用しています。
洗面器やバケツに残り湯をくんでおいて、台所の大きなボウルに予め貯めておきます。

食器や鍋、フライパンを使い終わった後、残り湯の入ったボウルにつけておけば汚れも落ちやすくなりますので、結果的に水道代の節約となります。

 

お風呂場から台所までの距離は近く、離れてはいないのですがバケツで残り湯を運ぶ際は、非常に重く運ぶことに苦労します。

運んでいる途中で、ポタポタっと・・・バケツから水がこぼれ落ちますし、こぼれた雫を雑巾で吹き上げるのに、また手間が掛かってしまいます。これだけ労力をかけて節約しても水道代は毎月そんなに変わり映えはしません。

 

でも、普段利用している電化製品が壊れた時に、少しでも貯金があれば余裕で買い替えが出来るので・・・そのために、今も水道代の節約をして貯蓄を増やしています。

我が家で使っている電化製品は、大体リサイクルショップで購入しているのですが、最初の数ヶ月は使えていても、しばらくすると壊れてしまいます。値段は安いので仕方がないなぁと思うところもありますが、ホント壊れやすいモノが多いです。

 

たとえば、炊飯器など2,800円で購入して6年ほど経ちます。

ご飯を炊くという面ではまだまだ、利用ができるのですが、内釜のフッ素加工はスッカリはげてしまい、ご飯を炊くと釜にこびりついてしまいます。こびり付いたお米は、ゴシゴシ洗ってもなかなか落とすことが出来ませんでした。

そこで最近、新しい炊飯器に買い替えたんですが・・・水道代の節約で貯めたお金があったおかげで、気持ちに余裕をもって購入することが出来ました^^

一番光熱費でお金がかかるのは水道代です。工夫して節約しましょう。

-節約体験談

Copyright© 節約魂 , 2018 All Rights Reserved.